歯科医療従事者向けの歯科用インプラント装置紹介

關於部落格
  • 150

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

歯髄細胞バンク構想を推進、全身疾患の再生医療にも期待―日本歯科大学

日本歯科医師連盟の第2回記者懇談会が9月29日、東京・市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷で開催され、中原貴氏(日本歯科大学生命歯学部教授)による講演『バイオ再生医療と歯随細胞バンク』が行われた。

歯科抜歯用ルートエレベーター(メタルハンドル)(9本入セット)
 中原氏は、歯牙から取り出した歯随を用いて培養した歯随細胞は極めて増殖率が高く、骨芽細胞や脂肪細胞、軟骨細胞など多様に変化するほか神経細胞にも効率よく変化し、染色体の異常が起こらないため極めて安全性が高いことを解説歯科用ルートエレベーター 。歯随細胞を用いて口腔疾患や様々な全身疾患の再生医療が期待できるとの考えを示した。
オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2043-b0-アマルガムミキサー.html

 実用化に向けて日本歯科大学では歯随細胞バンクの構想を進め、2015年6月に厚生労働大臣特定認定再生医療等委員会の承認を得たこと、細胞培養加工施設が2016年7月に関東信越厚生局長認可より特定細胞加工物製造許可証を受けたことを明らかにした。

 

関連記事:C20虫歯10本以上も、「口腔崩壊」児童346人 背景に無料制度知らず、貧困・家庭環境も影響

相簿設定
標籤設定
相簿狀態